清澄白河に行ったら必ず行きたいカフェ!!オールプレス エスプレッソ(ALLPRESS ESPRESSO) 東京ロースタリー&カフェ

今話題の街、清澄白河にあるコーヒー豆のロースタリー兼カフェのオールプレスエスプレッソの紹介をします。
こだわりのコーヒーとシンプルな食事で最高の朝を迎えることができるおすすめ店です。
平日は8時オープン、土日は9時オープンとなっています。

東京早朝カフェ評価 (総合87点)

ALLPRESS ESPRESSOとは

2014年8月6日に日本に上陸した、ニュージーランドに本社のあるコーヒーショップです。1986年ニュージーランドでマイケル・オールプレスによって設立。
オールプレスエスプレッソは、コーヒー豆のロースターとして高品質のスペシャリティコーヒーを提供するエスプレッソのスペシャリストで、味にこだわりをもっています。
高品質な生豆の調達、焙煎技術、ラ・マルゾッコ社製のエスプレッソマシン、最高のバリスタにこだわり、美味しいコーヒーを追求しています。
ALLPRESS ESPRESSOの入り口

ALLPRESS ESPRESSOの場所

清澄白河駅から徒歩10分程度、閑静な住宅街の一角にあります。

ALLPRESS ESPRESSOの外観

ALLPRESS ESPRESSO外観
傾いた屋根が特徴的な建物、かつては木材倉庫だったそうです。どこか工場のような雰囲気を漂わせています。
ALLPRESS ESPRESSOエントランス
木の建具がいい感じのエントランス。全体的に木材が多用されていて、落ち着いた雰囲気です。

ALLPRESS ESPRESSOの店内

ALLPRESS ESPRESSO店内

広々として天井の高い店内。入って正面にロースター、右側に注文をするスペースがあります。店員さんがとてもフレンドリーです。この日はPetterとTairaさんがいらっしゃいました。

ALLPRESS ESPRESSOの席

席はそれほど多くありませんが、朝であれば比較的ゆったりとした時間を過ごすことができます。結構テイクアウトの方が多いみたですね。

ALLPRESS ESPRESSO焙煎スペース

奥は焙煎のスペースです。工場チックな雰囲気が、感性を刺激します。

ALLPRESS ESPRESSO店内の雰囲気

奥から店内を眺めた様子です。窓も大きくとられているので、明るい店内で気持ちいい!!!

ALLPRESS ESPRESSOのメニュー

ミックスプレート(生ハム)
「ミックスプレート(生ハム)」1,250円
店員さんが丁寧に食べ方を教えてくれました。
パンにバターのようにアボガドを塗り、その後お好みで具材を載せます。そして塩胡椒を振りかけて完成!!
これはいい。お好みで具の量を調節できるのも楽しいですし、生ハム、チーズ、卵、トマトそれぞれが美味しい!!
ミックスプレート(生ハム)

朝からボリューム満点ですが、味を変えながら楽しく頂けました!!

バケット

「バケット」800円
プロヴォローネ(ナポリ原産の硬めのチーズ)とプロシュート(生ハム)がパンの間に入っています。焼いて提供されるためチーズがほんのり溶けて、美味!!

ALLPRESS ESPRESSOのドリンク

フラットホワイト
「フラットホワイト」430円
フトットホワイトとはシングルエスプレッソにスチームミルクが入ったラテだそうです。
ちなみにカフェラテというメニューもあり、こちらはダブルのエスプレッソにスチームミルクが入っています。
シングルのエスプレッソ
シングルのエスプレッソですが、濃厚なエスプレッソで美味しいです。

コーヒー豆の選定にこだわりがあり、最高品質のアラビカ豆を仕入れるために、世界中の生産地の農家を訪問し、品質を確かめているそうです。

ショップデータ

–朝カフェNo.075–
店名:オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ (ALLPRESS ESPRESSO)
ホームページ: 店舗WEBサイトへ
営業時間:[月~金] 8:00~17:00 [土・日] 9:00~18:00
定休日:無休
住所:東京都江東区平野3-7-2
電話番号:03-5875-9392
アクセス:清澄白河駅から徒歩10分程度
座席数:22席 (テーブル12席、オープンテラス10席)
※店舗情報は変更されている場合もございますので、予めご了承願います。
※情報の確認は、各店舗へご連絡願います。

東京早朝カフェ評価 (総合87点)
味(満点40)    :36
コスパ(満点20)  :15
サービス(満点10) :10
雰囲気(満点10)  :8
独創性(満点10)  :9
清潔感(満点10)  :9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする