【ミカド珈琲店 日本橋本店】創業1948年の老舗喫茶店で昔ながらのモーニングセットをいただく。

三越前にある創業1948年の喫茶店にお邪魔しました。その名もミカド珈琲。朝7時オープンで近辺で働くサラリーマンやOLで朝から賑わっています。

東京早朝カフェ評価 (総合68点)

ミカド珈琲とは

1948年に金坂景助氏が創業した喫茶店で、当時珈琲は高級品だったそうです。将来珈琲が気軽に飲める時代来ると予測し、日本人の味覚にあった珈琲の味、飲み方を模索し実現していった方。

『日本人が作るコーヒーが世界に通用する味を作る会社』

という志をもって創業されました。

ミカド珈琲の場所

日本橋店は、三越前駅、日本橋駅、新日本橋駅からのアクセスが抜群。三越前駅からは徒歩1分の好立地です。大通りから1本横に外れた場所ですが、わかりやすいと思います。


オレンジ色の看板が一際目立ちます。

ミカド珈琲の外観


オレンジ色がベースのかわいらしい入り口がお出迎え。螺旋階段、ショーケース、看板にいたるまでなにか懐かしさを覚える造りで、わくわく感が高まります。


モカソフトも名物とのこと。今度食べてみよう〜

ミカド珈琲の店内


店内一階はスタンド席、サクッと珈琲を楽しむ方は一階で購入して立ち飲み♪


二階、三階はテーブル席になっています。落ち着いた色合いの店内は居心地抜群です。平日朝早くに行きましたがお客さんどんどん入ってきていました。人気店♪

ミカド珈琲のメニュー


モーニングサービスのセットは3種類。(AM7:00~11:00)
Aセット〜Cセットがあります。どれもドリンク付きで500円台とお得な料金設定。


今日チョイスしたのは、まずBセット。
ホットドッグ、ポテトサラダ、ヨーグルト、果物、ドリンクのセットです。
パリッとしたソーセージと軽く焼かれたパンとの相性が抜群でおいしい〜!!ポテトサラダも絶品でパンの中に入れて一緒に食べるとさらにおいしさが増しました〜。


ブルーベリーがのったヨーグルトとみかん(何みかん?)もさっぱりしていて、バランスがいいですね。


こちらがCセットのホットケーキ。
ホットケーキ、ポテトサラダ、ヨーグルト、果物、ドリンクのセットです。
昔ながらのホットケーキ。家でつくったようなシンプルな味で朝にはぴったり♪

ミカド珈琲のドリンク


ブレンドをチョイス(写真手前)。ちょっと酸味のあるおいしい珈琲。朝はやっぱりピリッとブラックがいいですね。
ドリンクはブレンド、アメリカン、アイスコーヒー、紅茶、エスプレッソから選べます。その他のドリンクも全品70円引きで注文可能です。

まとめ

今回は三越前にあるミカド珈琲を紹介しました。500円台で食べれるモーニングセットはお得感たっぷり♪新聞も自由に読めるので朝の情報収集も可能です。一人でも立ち寄りやすい昔ながらの喫茶店、おすすめです!!

ショップデータ

–朝カフェNo.101–
店名:ミカド珈琲店 日本橋本店
ホームページ:http://mikado-coffee.com/
営業時間:[月~金]7:00~19:00 (L.O.18:30)
[土]8:00~18:00 (L.O.17:30)
[日・祝]10:00~18:00 (L.O.17:30)
定休日:無休
住所:東京都中央区日本橋室町1-6-7
電話番号:03-3241-0530
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」から徒歩1分
東京メトロ東西線「日本橋駅」から徒歩4分
JR総武本線「新日本橋駅」から徒歩4分
座席数:60席
(2階30席、3階30席 (1階は立食形式))
※店舗情報は変更されている場合もございますので、予めご了承願います。
※情報の確認は、各店舗へご連絡願います。

東京早朝カフェ評価 (総合68点)
味(満点40)    :26
コスパ(満点20)  :15
サービス(満点10) :8
雰囲気(満点10)  :7
独創性(満点10)  :5
清潔感(満点10)  :7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする