コーヒー雑学No.002 ブルーボトルコーヒーが日本に上陸

NO.002 ブルーボトルコーヒーが日本に上陸

2015年2月ついにブルーボトルコーヒーが日本に上陸するとのこと。清澄白河と青山にできるとのことで、ブルーボトルコーヒーがどういったカフェなのか簡単に紹介したいと思います。

■ブルーボトルコーヒーとは


2002年にジェームス・フリーマンによって創設されたカフェで、現在アメリカに14店舗(2014年10月現在)あります。本社は米国カリフォルニア州オークランド。もともとジェームスは日本の喫茶文化やおもてなしの文化に影響を受けて、カフェを始めたそうですね。
2924192083_201773de42_z

by Scott Beale under a Creative Commons Attribution

「おいしさ」の追求を徹底しており、ドリップコーヒーやエスプレッソドリンクは、焙煎されてから48時間以内のコーヒー豆の使用をします。焙煎したての新鮮なコーヒーが提供されます。

Blue Bottle Brooklyn Roastery

by Scott Beale under a Creative Commons Attribution

アメリカではかなり人気があるらしく、サードウェーブコーヒーの先駆け、コーヒー界の”Apple”とも言われています。

■日本上陸は?


「ブルーボトルコーヒーはただいま日本開店準備中です」
ブルーボトルコーヒーのウェブサイトを見るとこのように書かれています。
日本初上陸の場所は、清澄白河と青山の2店舗。ブルーボトルコーヒーは画一化した店舗ではなく、地域に合わせた店舗づくりを行うようなので、外観、内装を含めどのようになるのか楽しみでしょうがないです。
6162816395_fe4ae99358_z

by Niall Kennedy under a Creative Commons Attribution

ちなみにオープン日は

「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」
2015年2月6日

「ブルーボトルコーヒー青山」
2015年3月7日

両店舗ともに、清澄白河のロースタリーで焙煎したコーヒーが頂けるようです。そして、予定では清澄白河店では、朝8時オープンになるとのこと。これは当ブログの朝カフェ時間範囲内(*´∀`*)
14764565700_41e6212a0c_z

by Christopher Michel under a Creative Commons Attribution

是非オープン日に伺いたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする